上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ooita4.jpg
大分には今回のフェスも含めここ数年で何度もお招き頂きましたが、
その中でも私が一番お世話になっているのが、
佐藤十九生先生です。

佐藤先生は学校の教員である傍ら、
大分でけん玉教室を開催されています。
素晴らしい先生なので、
皆さんもぜひけん玉教室にご参加お願いします!
詳しい情報やお問合せ先は佐藤先生のブログからお願いします。
http://plaza.rakuten.co.jp/biruboke/

さてさて、画像のもう一人の男の子は私のショーが縁となり、
佐藤先生のけん玉教室にも通ってくれている男の子。
この子がまたと~ってもかわいいんです。
ですから、私もついついショーでこの子を
呼び出してけん玉をやってもらうことが多いです。
技が決まると、私以上に盛り上がりますから。。
いつもありがとうございます!
ooita3.jpg
12時30分の回
昨夜は3時半まで他の出演者の方と飲んでいましたが、
大道芸フェスティバルではよくあることなので、
技には影響はありませんでした。
しかし、汗の量が暑さや湿気と相まって、
おかしなくらいに出ていました。
色んな意味で気持ちの良いショーでした。

14時30分の回
途中まではいつも通り行っていました。
しかし、演出やしゃべりを全て止めて、
技だけで勝負したらどうなるだろうかという思いを押さえきれず、
途中からお客さんの反応を考えずに技だけに全ての神経を費やしました。
通常のイベントやフェスティバルでは絶対にこのようなことはしません。
しかし、今回のフェスティバルのプロデューサーの方が以前、
「やりたいように、好きなことだけやってくれればいい」と
仰っていたので今回の1回だけはその言葉に甘えさせて頂きました。
また、昨夜他の出演者の方からの話を聞いた後に、
「自分らしさ」、「自分のポジション」というものを深く考えました。
しゃべりで笑わせる人はいる、マイムで感情を表現する人はいる…
色々考えた結果私にしかできないこと、それは「技」でした。
また、「けん玉師」として始めてから7年経ち、
ある程度の経験から無難にショーを行うことはできるようになってきました。
その経験をゼロにして技だけで勝負したかったのです。
それでも盛り上げられる、伝えられるという私の中でエゴもあったと思います。
結果的にはショーは盛り上がらず、拍手や反応も少なく、
ショーとしては最低だったと思います。
しかし、「けん玉」、「けん玉師」に対しての意識を私の中で再認識できたので、
私の中ではいつも以上の満足感がありました
(悔しさや惨めな気持ちも同時にありましたが)。

画像は私が終わった後のロボットのぞみくんのショー。
今回の出演者は7組でしたが、
全ての方のショーを拝見することができ、
とても勉強になりました。
ooita2.jpg
九州石油ドーム夏まつりでの出演を終えると、
休む間もなくTOKIWA別府店へと移動しました。
TOKIWAわさだ店には過去何度も出演させて頂きましたが、
TOKIWA別府店は今回が初出演。

落ち着いた店内でのショー。
開始10分前まではお客さんがほとんどいない状況で焦りましたが、
ショーを始める頃には用意された席は
全て埋まっており安心してショーに集中できました。
また、お客さんの中には九州石油ドームで見てくださった後に
TOKIWA別府店にも足を運んでくださった方もいました。

ショーは予期せぬところで異様に盛り上がったりもして、
私自身とても楽しませて頂きました。
マイけん玉を持って見に来てくださる方が多く、
終了後には多くの方から声を掛けて頂きました。
皆さんありがとうございました!
ooitas-.jpg
九州石油ドーム夏まつりで行われた
サマー大道芸フェスタに出演しました。
他にもイベントがたくさんあって、
大道芸フェスタはその内の一つかと思いきや…
屋台などはありましたがイベントは大道芸フェスタのみ。。
大雨が降っていたこともあり、
お客さんが集まるかどうか不安でした。

13時30分の回
私はトップバッターで出演させて頂きましたが、
不安とは裏腹にたくさんの方が集まっていました。
地元テレビなどでの事前告知のおかげだったのでしょう。
ショーの盛り上がりも良く、
トップバッターとしての役割は務めることができたと思います。

15時の回
別ポイントのファニーボーンズさんと時間がかぶり、
直前までお客さんがほとんどいませんでした。
1回目の盛り上がりを考えると悲しくなりましたが、
そうも言ってられないので頑張って集めていくと
最終的には良い雰囲気になったと思います。
鎌倉1
3年連続でお招き頂きました。

けん玉公演には約150名の応募でしたが、
貸出し用けん玉の準備はせずに、マイけん玉を持参するか、
もしくは当日にけん玉を購入して頂きました。
毎年、少ない人数であっても、
鎌倉にけん玉を普及できることを嬉しく思います。

公演はショー、体験教室、認定会で計2時間。
体験教室では小さい子から「どういう風に持つの?」、
鎌倉2「どうすればできるの?」と質問攻めにあい、大忙しでした。
しかし、子どもたちが練習をして技ができたときの姿を見ると、
最高に幸せな気分になりました。

締めの認定会では5級が6人、4級が2人でした。
成績優秀者の方に認定証をお渡しして終了。

来年もけん玉公演の開催を私自身期待しております。
横浜市の谷本小学校の夏まつりにお招き頂きました。

ショー2回とけん玉体験教室を行いました。
難しかったのはショー2回とも見てくれた子が多かったことです
(ありがたいことでもありますが)。
ショーの半分は技やネタを変えて行いましたが、
そのせいかリズムを崩し、2回目は失敗が多過ぎました。。

体験教室では学校にあった40本程度のけん玉をお借りして行いました。
他にも様々なコーナーがある中、
ずっとけん玉コーナーで練習している子もたくさんいました。
また、貸出し用けん玉を指差して
「これ買って!!」と親にお願いしている子もいました。

暑い中、私のショーをご覧になってくださった皆さん、
そして、けん玉体験教室に参加してくださった皆さん、
誠にありがとうございました!
埼玉県上尾市のP・A・P・A(商業施設です)にお招き頂きました。

現場に入ってそのショースペースに難しさを感じました。
小さいスペースの周りはお店に囲まれており、
ステージの前にはお客さんが座るイスがありませんでした。
また、ステージも非常に狭く、
地べたで行うか悩むほどでした。

担当の方に話を伺うと、
P・A・P・Aでパフォーマーを入れるのは数年ぶりで、
担当の方もどのようにすれば良いのか悩んでいる感じでした。

イスをステージ前に並べてもらったり、
ステージの配列を変えてもらったり、
私なりにショー環境を整えて挑んだショー。
30人も集まれば勝ちだと思っていましたが、
13時と15時の2回のショーともに100人近くの
お客さんが集まって私自身驚きました。

特に13時の回はステージが動いてしまう影響で、
足が踏ん張れず何度も技を失敗してしまったにも関わらず、
盛り上がりは最高でした。

盛り上がったことのほうが正直に言いますと想定外でしたが、
結果オーライということで。。
石川県かほく市のイオンかほくSCにお招き頂きました。

ステージがなく地べたでのショー、
お客さんをどこまで寄せて良いものか距離感が掴めず、
11時30分からの1回目は盛り上げきれませんでした。

16時からの2回目は1回目の反省を活かし、
お客さんとの距離感を適度な場所に設定すると
これが大当たり。
1回目とは比較にならないほど盛り上がりました。

ショー終了後にはけん玉体験教室を行いました。
お子様向けに行ったのですが、
小さい子の親御さんには付き添いで前に出てきてもらうと
親子けん玉体験教室のようなとても温かい雰囲気が出て、
その光景を見ているととても幸せでした。
ロイヤルパークホテルで行われた企業懇親会で
ショーを行いました。

100人弱の立食パーティーでしたが、
「立食パーティー」…この言葉を聞くと難しい現場と覚悟を決めます。
しかし、今日の雰囲気は今までの立食パーティーで行ったショーとは
全く違ったものでした。

名刺交換や仕事の話などでワイワイしているわけでもなく、
食事や飲み物に夢中になっているわけでもなく、
参加者の方々は私のショーをただじっと見ていました。
この状況に少々戸惑いつつも、
技は完璧に決めました。
拍手や手拍子も促せばかなりの反応があったため、
ついつい促しすぎたのはマイナスだったと思います。

ショーが終わっても手応えは感じていませんでしたが、
担当の方が「とても良かったです!」的に声を掛けてくださったので、
ホッとしました。
本日はお招き頂きまして、誠にありがとうございました。
takezonos-.jpg
茨城県つくば市の竹園東小学校で行われた
竹園子どもまつりにお招き頂きました。

おまつりの開会式でショーを行いましたが、
観客の皆さんが遠くに感じたので、
大道芸のように近くに寄せるとショーに熱気が出ました。
ほぼ360度囲まれたため、
できる限り様々な角度に技を見せようとすると
takezono2s-.jpg慣れないことだったせいか失敗を連発してしまったので、
それ以降はいつも通りに行うことに徹しました。
盛り上がりが非常に良く、
おまつり感が出たと思います。

ショー終了後はけん玉ワークショップを2時間弱行いました。
お客様が流動的な場所でしたが、
多くの子どもたちが絶えずけん玉をやっている状態でした。
私は途中で休憩を取るつもりでしたが、
気付けば終了時間となっていました。

素敵なおまつりにお招き頂きまして、
誠にありがとうございました!
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。