FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ooita3.jpg
12時30分の回
昨夜は3時半まで他の出演者の方と飲んでいましたが、
大道芸フェスティバルではよくあることなので、
技には影響はありませんでした。
しかし、汗の量が暑さや湿気と相まって、
おかしなくらいに出ていました。
色んな意味で気持ちの良いショーでした。

14時30分の回
途中まではいつも通り行っていました。
しかし、演出やしゃべりを全て止めて、
技だけで勝負したらどうなるだろうかという思いを押さえきれず、
途中からお客さんの反応を考えずに技だけに全ての神経を費やしました。
通常のイベントやフェスティバルでは絶対にこのようなことはしません。
しかし、今回のフェスティバルのプロデューサーの方が以前、
「やりたいように、好きなことだけやってくれればいい」と
仰っていたので今回の1回だけはその言葉に甘えさせて頂きました。
また、昨夜他の出演者の方からの話を聞いた後に、
「自分らしさ」、「自分のポジション」というものを深く考えました。
しゃべりで笑わせる人はいる、マイムで感情を表現する人はいる…
色々考えた結果私にしかできないこと、それは「技」でした。
また、「けん玉師」として始めてから7年経ち、
ある程度の経験から無難にショーを行うことはできるようになってきました。
その経験をゼロにして技だけで勝負したかったのです。
それでも盛り上げられる、伝えられるという私の中でエゴもあったと思います。
結果的にはショーは盛り上がらず、拍手や反応も少なく、
ショーとしては最低だったと思います。
しかし、「けん玉」、「けん玉師」に対しての意識を私の中で再認識できたので、
私の中ではいつも以上の満足感がありました
(悔しさや惨めな気持ちも同時にありましたが)。

画像は私が終わった後のロボットのぞみくんのショー。
今回の出演者は7組でしたが、
全ての方のショーを拝見することができ、
とても勉強になりました。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。