上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホテルで行われたパーティーの余興に、
和音和技で出演しました。

パーティーの出席者は200人でそのほとんどが外国人でした。
そこで、今回は初めてしゃべり一切なしでショーを行いました。
コンセプトは「音と技で魅せる」。

ショー終了後、周りの方からは「盛り上がっていましたね」、
「格好良かった」と声を掛けて頂きましたが、
私がステージ上から感じたことは掴みきれなかったということです。
事前にけん玉や津軽三味線の説明を司会の方にして頂いたり、
しゃちほこやけん玉体験など、
お客様との絡みを入れたほうが良かったかなと思いました。

控え室に戻ってから相方の廣原と話し合おうと思っていましたが、
相方の「良かったんじゃない」という一言に怒りを覚えました。
「自分たちがやるべきことはやったから問題ない」みたいな感じでしたが、
私がクライアントやイベント会社の立場であれば
次に同じ状況の仕事があったときに「和音和技」を入れることはないと思います。

あの状況でどうしたら良かったのか、
どうしたら次につながるのか控え室でしばらく話し合いました。
お互いプライドがあるので譲らない部分も多々あり、
いつも以上に話はヒートアップしましたが、
あのショーを「良かったんじゃない」の一言で済まされるよりは、
断然気持ち良かったです。

またすぐにでも「和音和技」やりたいです。
スポンサーサイト
先日、30歳になりました。
子どもの頃に思い描いた30歳の自分とは大分異なります。
土・日休みの会社に入ってけん玉を続けることが私の夢でしたから。。

30歳になって・・・
仕事が2件決まりました。けん玉クラブに2人入会してくれました。
デックス東京ビーチ・パフォーマンス審査の合格通知を頂きました。

スタートは好調です。
来年春に行われる植樹祭のプレイベントに出演しました。

一日中雨が降っていましたが、
私がショーをするときはタイミング良く小雨となり、
予定通りショーを行うことができました。

植樹祭とのことで、
けん玉を通して「木を大切にする」ことを訴えかけました。
木以外でけん玉が作られることも稀にありますが、
木のけん玉を超えるものは絶対に生まれないでしょう。
ranmasensei2s-.jpg
5月19日、らんま先生宅でホームパーティ。
竹琉くん、とてもかわいいです。
玲子ちゃん、いつも美味しい手料理をありがとう!!

5月20日、縄跳びのnasaさんと練習会。
仲間がいない人のダブルダッチ練習法とのことで、
イスに縄の一方をくくりつけ、
黙々と縄をまわしていました。
寂しげな光景に思わず笑ってしまいましたが、
nasa3.jpgnasaさんのこういう一生懸命なところが好きです。
日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」の収録がありました
(中央線の旅とのことでした)。

SOPHIAの松岡充さんとお会いしましたが
テレビで観ている以上に格好良く、
と~っても優しい方でした。
カメラが回っていないところで私の名前を聞いてくださったり、
長い糸のけん玉を行うときにはマンションの15階にいたので、
常に安全面を気遣ってくださったり・・・
完全にファンになりました。

オンエアの日が分かりましたら、
HP上で告知します。
デックス東京ビーチで行われました、
ストリートパフォーマンスライセンス審査を受けました。

生憎の天候であったため、
審査はデックスの外ではなく中で行われました。
私は人が少ないと言われながらも、
一番目に審査を受けることにしました。

お客さんを近くに寄せることが難しそうだったので、
敢えて無理はしませんでした。
自分のショーに集中し、
全く失敗のないショーを行いました。
また、安全面には十分気を付けたつもりでしたが、
ショー終了後に担当の方から
「玉が飛んでいくことはないの?」と聞かれました。

玉や糸に関しては安全面から質問されることは多々ありますが、
玉が飛んでいったり、糸が切れたりということは絶対にないです。
一番私が注意しているところなので
(糸に関しては一年以上使っても全く問題ありませんが、
念のため一ヶ月に一回は新しいものに交換しています)。

結果発表は5月下旬とのこと、受かっていることを願います。
横須賀市の信誠寺にお招き頂きました。

お寺が運営している幼稚園の子どもたちとその卒園生、
計100人以上集まっていました。
ショーは子どもたちが熱狂的で、
特にけん玉に関しての質問を出すと
「はい!はい!はい!」とほぼ全員の手が挙がりました。
ワークショップでは更に熱狂的になっており、
予定よりも早く止めざるを得ませんでした。

その後行われていたくじ引きの商品にけん玉がありましたが、
多くの子どもたちから「けん玉が当たって欲しい」との声を聞きました。
熱狂的な子どもたちに終始押されっぱなしでしたが、
私も元気をたくさん頂きました。
nozomi.jpg
まずはこちらをご覧になってください!

パフォーマー友だちの「のぞみ」くん、
とても素敵なPVですよね。
彼は現在、大道芸で日本一周を行っています。
先日、連絡をくれ「(日本一周の旅)最高ですよ!
伊藤さんもやってくださいよ~…あ、でも奥さんいますしね。。」
といつも通り明るくマイペースでした。

日本一周と言えば、
過去にけん玉で日本一周した友だちもいました。
私には残念ですが真似できません。
ただただ尊敬です。
そして、私の周りにこういう人間的に深い人がいてくれて、
刺激を与えてくれて感謝です。
武蔵野けん玉クラブ、くじら山けん玉クラブともに
3月に退会が相つぎました。
一時は生徒数が10人を割ってしまい、
当分寂しいクラブになると思っていましたが、
周りの皆様のご協力があって4,5月には逆に入会が増えました。
おかげさまで現在は武蔵野けん玉クラブ10人、
くじら山けん玉クラブ12人で練習を行っています。

小金井けん玉レッスンは学童の先生2人に
個人レッスンでけん玉を教えています。
「一年間で初段取得」を目標に行っておりますが、
残り5ヶ月で達成できるか私も楽しみです。

「私の地域でもけん玉クラブやレッスンを開設して欲しい!」
という方がいらっしゃいましたら、
ぜひご連絡ください。
私が大好きなけん玉をここまで続けられたのは
地元に「日野けん玉道場」があったからこそです。
私もパフォーマーとしてショーを行っていくのとは別に
けん玉を遊びとして、学習道具として、スポーツとして
これからもけん玉教室で伝えていきたいです。
13時、15時の回ともに飽和状態ではないかと
思えるほどお客さんが集まりました。
GW最終日、外は雨とショッピングセンターとしては、
お客さんが集まる好条件が揃っていたのでしょうね。

お客さんが多いだけでなく、
お客さんの雰囲気や反応も非常に良く、
ショーは最高に盛り上がったと思います
(写真を撮っておけば良かったです・・・)。
GWの締めくくりがここで良かったです。

GW期間中に私のショーをご覧になってくださった皆さん、
誠にありがとうございました!
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。