上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も残すは30分を切りました。

大晦日はテレビを観ながらゆっくり過ごそうと思っていましたが、
昨夜けん玉友達9人と家で徹夜で飲み明かし、
起きてからはバタバタと事務作業をしていました。

さてさて、毎年年末に「今年の出来事ベスト10」と
振り返るのを恒例としていましたが、
今年はベスト1だけで十分です。
もちろん結婚です。

と言いつつも妻をほっとらかしにして、
これから年越しけん玉します。
・・・いや、妻は実家に帰っているので、むしろ私のほうが。。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ!!
スポンサーサイト
最近、寄席に出演されている芸人さんと現場でご一緒になることが多かったせいか、
急に寄席の世界に興味を持ち始めました。
そこで、いろもの(落語以外の演芸)の方が多く出演されている
東洋館に寄席を見に行きました。

開場の10時半に合わせて行きましたが、
その時点では会場の3分の1も埋まっていませんでした。
私の寄席のイメージ通りの客数といったところでしたが、
数時間後には約200席の席が満席となっていました。

お客さんの出入りは自由、飲食も自由で
ビールを飲みながら楽しそうに見ている方も多かったです。
私は3時間程度見たら帰るつもりでしたが、
様々な出演者に興味を持ち結局6時間楽しみました。

「最近伊藤さんはどうですか?」
数ヶ月前に後輩のパフォーマーからこんな質問をされました。
そして、その問いに答えられない自分がいました。
今年は特に仕事も増え、活動自体は順調でしたが、
活動のベースはパフォーマーとして始めた頃とそう大差はありません。
私がフリーターだった頃の挑戦心をもう一度。
「けん玉師とは」・・・その答えに一歩でも近付けるように、
安定を求めつつも、何か新しいことに挑戦したいと想う今日この頃です。
千葉県のホテル・ザ・マンハッタンで行われました、
忘年会に和音和技でお招き頂きました。

リハーサル時点では固い忘年会のイメージを感じ、
ショー構成も固い感じでいくつもりでした。
ところが、出番直前に会場前で待機をしていますと、
明らかに会場の雰囲気はリハーサル時に受けたものとは違いました。
司会者は派手なカツラをつけて、
男性と女性で掛け合いをしながら進行していました。
これならばと思い、いつも通りの和音和技ショーを行いますと、
会場が一体となり大いに盛り上がりました。

今年の仕事納めでしたが、個人的には大満足でした。
しかし、欲を言えば31日まで仕事をしていたかったです。
下北沢のお店で行われた東邦薬品の忘年会にお招き頂きました。

今回は大学のゼミ時代にお世話になった先輩からのご依頼でしたが、
ショーは大いに盛り上がりました。
特にしゃちほこでのお手伝いの方がホームランでした。
大人の方をお手伝いとして選ぶのは少々苦手ですが、
この日はすんなり決まりました。
選ぼうとした瞬間、たった一人ビールグラスを片手に
ショーを見ていた方がいたからです。
出てきて頂くと、ノリノリ過ぎて絡み難い場面もありましたが、
ショーは一気に盛り上がりました。

忘年会でのショーは何度も行ったことがありますが、
今までで一番盛り上がったのではないでしょうか。
紹介してくださったゼミの先輩も喜んでくださっていたので、
私自身嬉しかったです。

因みに私は行政法のゼミに所属していました。
将来に直結するものではありませんでしたが、
このような縁があったことに感謝です。
もう何年もお招き頂いている学童のけん玉大会に出演しました。

学童の子全員でけん玉に取り組み、
その集大成としてのけん玉大会。
上手な子はけん玉二段であったり、
もしかめ3000回できるような子もいました。
けん玉の楽しさや難しさを本当に知っている子どもたちなので、
私が技を見せるといつも以上の反応が返ってきます。

大会のそれぞれの部門で優勝した子にはけん玉が
プレゼントされていました。
中にはレアな色のけん玉もあり、
優勝できなかった子どもたちは羨ましそうに見つめていました。
私も小学生の頃はけん玉大会で優勝するともらえる、
大きいけん玉が欲しくて一生懸命だったときもありました。

小さいときの私よりもけん玉が上手な子がたくさんおり、
とても嬉しく思いました。
毎年お招き頂きまして、本当にありがとうございます。
inabe1.jpg
三重県いなべ市の大安中央児童センターにお招き頂きました。
3年連続でお招き頂きましたが、
2年前は和音和技で、昨年はソロで、
そして今年は縄跳びのnasaさんと一緒でした。

当初は50名程度の参加人数を予想しておりましたが、
ふたを開けてみると200名近い参加人数でした。

子どもたちはショー終了後にけん玉と
縄跳びの体験教室を30分ずつ行いました。
nasaさんは体験教室で手応えがあったようで、
終了後は活き活きとしておりました。
けん玉は過去に公演に来てくださった方が半分くらいいたので、
とてもスムーズに体験教室を行えました。inabe2.jpg
この地域でけん玉が確実に浸透しているのを感じ、
嬉しく思えました。

画像は3年前にこの児童センターが縁で出会った兄弟が
描いてくれた私の似顔絵です。
いつもありがとうね!!
和音和技でお招き頂きました。

私の紹介で「けん玉世界チャンピオン」とポスターなどに書いてあったので、
ショー中に訂正しました。
私は残念ですが、既に日本一でもチャンピオンでもありません
(今後もけん玉大会には出場しませんので、
日本一になることはないでしょう)。
因みに、今日の会場に現けん玉日本一が見に来てくれました。
こういう時にこのようなことがありますと、
気恥ずかしいのと申し訳ない気持ちでいっぱいになります。。

さてさて、ショーは会場のスペース上、目の前にお客さんが集まりにくく、
両サイドに多くの方が集まっていたので、少々見せにくかったです。
内容はまずまずだったと思いますが、
和音和技ショーはソロショーのときよりも無音の状態が長いことに気付きました。
寂しい感じや間延びをしている感じに繋がりやすいので、
無音状態をどうするかが今後の課題です(MC中も津軽三味線を弾いてもらうか、
ソロショーのときのようにBGMをかけるか等々)。

今年は和音和技でお招き頂く機会が増えましたので、
「和音和技だから・・・」と気負ってしまうようなことは大分なくなりました。
アサヒビール神奈川工場内で行われた、
社員さんとそのご家族の皆さん向けのイベントに出演しました。

私も含め3組のパフォーマーが30分ずつショーを行いました。
私は真ん中の2組目の出演となりましたが、
やや雰囲気を作るのに苦戦しました。
また、滑舌の悪さや音響トラブルもあり、
間の悪いショーとなってしまいました。

帰りはビールが飲みたい・・・と思いつつ、
あまりに家での事務作業が溜まっていたため
一人足早に帰宅の途につきました。
う~ん、心残りです。。
bounenkai.jpg
12月18,19日と忘年会に参加しました。

18日はパフォーマー忘年会。
20人ちょっと集まりました。
私は幹事だったので、
ゆっくり話すことはできませんでしたが、
皆さんが楽しそうにしていたので十分でした。
結婚式で仲間や友達のありがたみを感じ、
今回は自らすすんで幹事をやりましたが、
やって本当に良かったです。

19日は楽市楽座という和をコンセプトにした団体の忘年会でした
(最近では団体が大きくなっていくにつれ、
和物ではない方々が増えてきているようですが)。
パフォーマー、似顔絵、音楽家、BMX、飴細工、忍者などなど
何でもありで刺激的でした。
BMXは全員イケメン揃いで、
私も頑張って輪の中に入れさせてもらっていました。
今年最後の武蔵野けん玉クラブでした。

最近インフルエンザが流行っているようですね。
子どもの中にはクラスの17人が欠席して、
学級閉鎖になっているという子もいました。
クラブでも男の子一人が高熱で欠席でした。

年末はゆっくりできますが、
年始からは忙しくなりそうなので、
体調管理には本当に気を付けないといけません。
皆さんもお気を付けてくださいね。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。