上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kendamagic11.jpg
昨日に引き続き、わくわく宝島でケンダマジックの実演でした。

昨日と合わせると計10回の実演を行いましたが、
失敗がなかった回は最後の回のみでした。
ケンダマジックでのイベント出演自体も、
これで一旦終了なので有終の美を飾ったのではないでしょうか。

ケンダマジックからけん玉の魅力を、
少しでも伝えられていたら幸いです。
個人的にはいつもと違った角度からけん玉を見ることができたので、
とても良い勉強になりました。
スポンサーサイト
kendamagic12.jpg
皆さんはわくわく宝島をご存知でしょうか。
私は今年まで知りませんでしたが、
東京で言えばお台場冒険王のようなものです。
開催期間は8月23日から8月31日までの9日間ですが、
相当な人出でした。

私はヤッターマンコーナーにて1日5回、
ケンダマジックの実演を行いました。
2分程度の短い実演ですが、
お子さんは口をポカンと開けて見ている感じでした。
ケンダマジックは子ども向けの商品ですが、
実演に関しては大人のほうが反応は良いです。

しかし、「ケンダマスター」と紹介されて登場するのは
どうも抵抗があると言うか恥ずかしいですね。
やはり「けん玉師」が一番です。
kendamagic10.jpg
わくわく宝島のヤッターマンコーナーで
ケンダマジックの実演を行うため、
大阪ビジネスパークに行って参りました。

実演は明日と明後日の二日間ですが、
今日はリハーサルを簡単に行いました。
画像は実演を行うすぐ後ろに設置されている、
実写版ヤッターワンです。
高さは4メートルもあり、私が実演を行わないでも、
人はたくさん集まりそうでした。
長岡駅から更に車で40分、新潟県柏崎市で行われた企業納涼大会にお招き頂きました。

ショーは25分でお願いされておりましたが、
全てを出し切りたかったので30分構成のまま行いました。
そのせいで、トークや進行が弱冠早くなってしまいました。
技の失敗も何度かありましたが、
それ以上に盛り上がりました。

最後はアンコールを頂いたものの、
全てを出し切った私は微妙な技でアンコールに応えてしまいました。。
お付き合いしてくださった皆さん、
誠にありがとうございました!
都内スタジオで日本郵便「101人の年賀状」の撮影がありました。

0~100歳の101人のそれぞれの写真やプロフィールとともに、
自身で作成した年賀状を今秋公開予定の郵便年賀ホームページ内に
掲載するそうです。
8割以上は素人の方でしたが、
残りは芸能人やスポーツ選手、そして私のようなパフォーマーでした。

年賀状は後日作成予定ですが、
せっかくなので例年よりもセンスのあるものを作りたいです。
屋外ステージを予定しておりましたが、
生憎の雨で急遽屋内ステージでのショーとなりました。

ショー30分はいつも通りで何の問題もありませんでしたが、
今回難しかったのはその後の15分の体験教室でした。
ステージ上で15分間行わなければならない上に、
その15分間もできる限りお客さんをその場に残してもらえるよう、
主催者の方からお願いされていました。

商業施設などではステージ上で体験教室を行いますが、
お客さんはショーと比べましたら激減します。
どうお客さんを巻き込んで行うか、
飽きずに体験教室も見てもらえるかが勝負所でした。

色々悩みましたが、
その場にいた小学生全員を3回に分けて
ステージ上に上げました。
技ができた子にはミニけん玉をあげて、
体験教室への意欲を湧かせるようにしました。

この結果、ショーの3分の2くらいのお客さんがその場に残って下さりました。
まずまず成功したと言って良かったのではないでしょうか。
難しい状況でしたが、とても勉強になったイベントでした。
kendaman.jpg
http://plaza.rakuten.co.jp/kendaman

私にはできないけん玉活動。
尊敬しています。
皆さんで応援しましょう!!

wonder.jpg
NPO法人ワンダートンネルという団体の
イベントにお招き頂きました。
親子でけん玉を楽しもうという企画で、
ショーと体験教室を行いました。

体験教室は上手な方が多く(特にお母さん方の)、
また子どもたちの集中も切れずにスムーズに行うことができました。
上手にできた方にはミニけん玉や認定書を差し上げましたが、
どの顔も嬉しそうだったのが印象的でした。

けん玉が夏休みの一つの思い出になれば幸いです。
前日同様、ショー1回と体験教室15分×3回でした。

お盆のイベントが続いていたこともあって、
体は非常に重くショーが1回というのはとても助かりました。
左手首に違和感を感じていましたので、
大事を取って「しゃちほこ」は行わないでショーを行いましたが、
盛り上がったショーだったと思います。

皆さんとは逆だと思いますが、
正月、ゴールデンウイーク、お盆が終わるとホッとします。

kouhoku.jpg
ショーは1回のみで15分×3回のけん玉体験教室を行いました。

教室では事前に子どもたちに無地のけん玉に色を塗ってもらい、
オリジナルけん玉を作ってもらった上で、
教室に参加してもらいました。
ほのぼのとしたイベントで個人的には楽しかったです。

ショーは会場の隅で狭いスペースで行いました。
お客さんを集めるのは容易ではないと感じていましたが、
それでも100人くらい集まって見てくださったのはただただ感謝です。

明日も同じイベントに出演させて頂きます。
素朴な遊びであるけん玉で温かい空間と思い出を作りたいです。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。