上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事の打合せがありました。

今日初めてお会いする方々と新宿西口で待ち合わせていました。
電話で特徴を聞かれておもわず「スーツを着ています」
と答えてしまいました。
私がスーツを着ることは滅多にないので一人で特別感を持っていましたが、
平日の新宿西口ではもちろん特徴にならないです。

相手の方が「私もスーツを着ています」と返してきたときは
自らのことを忘れつっこみそうになりました。
スポンサーサイト
tokiwa3.jpg
昨夜は大分に宿泊し、今日の朝一で東京に戻ってきましたが、
今回の大分はショー以外でもとても思い出深いものとなりました。

わさだタウンでのショー終了後、
「へび湯」という秘湯に連れて行って頂きました。
冬の寒さに凍えながら服を脱ぎ捨て入った天然温泉は最高でした。
皆さんにもぜひ紹介したいと画像を撮ろうとしたのですが
暗すぎて何も映りませんでした。
ですから、使っている画像は私が撮ったものではありませんが参考までに。。

夜御飯は「はなぶさ」というお店でイベントのスタッフさんと一緒に食べました。
実はこのお店、本来は定休日であったにも関わらず、
特別に開いてくれたそうです(スタッフの方が常連とのことで)。
大分の海で獲れた魚などをご馳走になり、
お酒も私としてはあり得ないくらい飲みました。
tokiwa4.jpg
唯一しんどかったのは帰りに大分空港まで乗った
ホーバー(画像は上陸時のものですが海上を走る小型の船)でした。
昨夜のお酒が残っていた私にはホーバーの揺れは地獄でした。

とにかく最後の最後まで思い出のつまった大分での1泊2日でした。
スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!
そして、またお会いできる日を楽しみにしています。
tokiwa2.jpg
大分県のTOKIWAわさだタウンと聞いてピンとくる方はツウです。
大道芸ワールドカップで活躍されているパフォーマー中心に
様々なパフォーマーが過去に何組も入っている場所です。
スタッフの方がわざわざ静岡まで大道芸ワールドカップを見に行き、
人選しているためここに入るパフォーマーは
本当に面白い方ばかりです。

そんな場所に今回初めてお招き頂きました。
私のショーのためにスタッフさんが5人も付いてくださりましたが、
一人一人がイベント慣れしているので非常にやり易かったです。
画像はショーの途中ではなく、まだショーの始まる前です。
狭い空間ではありましたがあっという間にお客さんは飽和状態となりました。
スタッフさんの意識の高さが物語っている集客力ではないでしょうか。

さてさておかしかったのがショー終了後のワークショップでの出来事。
空き時間にスタッフさんは一生懸命けん玉を練習してくださり、
初心者であれば私がいなくても教えてあげられるレベルになっていました。
ところがワークショップに集まったほとんどの子は、
けん玉大好きな子どもたちばかりであり得ない技を連発していたため、
スタッフさんが教えられる技がありませんでした。
スタッフさんは一言「想定外でした」と仰っていましたが、
そんな状況も楽しまれていた感じでした。

今日は私がお世話になっている方もたくさん観に来てくださりました。
ショーを観て下さった皆さん、誠にありがとうございました!
杉並区の阿佐ヶ谷保育園にお招き頂きました。

幼稚園や保育園でショーを行うときはお手伝いしてくれた子に
基本的にはプレゼントをあげません。
理由はその後混乱するからです。
しかし、今日はそのことを忘れ(盛り上げることばかりに
意識がいっていたのだと思います)、いつも通りに
お手伝いしてくれた子にプレゼントを渡してしまいました。
すると、その後は子どもたちが騒ぎ出しショーが完全に乱れてしまいました。

ショー終了後にワークショップもあったのでどうなることかと思いましたが、
騒いでいた子どもたちはけん玉を持つとけん玉に夢中になり
その場の雰囲気は正常に戻りました。

話は変わりますが、本日「第1回全日本マスターズけん玉道選手権大会」という
けん玉界でもコアな大会が都内で開かれました。
そこで優勝したのは…我がけん玉師匠の松永先生でした!
まっつぁん、おめでとうございます!!
テレビ東京の「ハロモニ@」の「MouTube」というコーナーの
収録がありました。

収録と言いましてもテレビ東京の会議室を使っての
こじんまりとした収録でした。
糸なしのけん玉を使うのをできるだけ避け、
けん玉らしい技(宇宙一周や二回転飛行機など)を行いました。
こういうときでないと私はけん玉らしい技をほとんど行わないからです。
しかし、そのような技を久しぶりに行ったせいか、
技の精度は最悪でした。
ちなみに普段のショーでは見せ方でカバーしているだけで、
私は本当はけん玉の技術そのものはないと今でも思っています。

私の収録後はミック入来さんが「エアーミック」と称して
ロックをエアーで歌っていました。
カメラが回った瞬間のミックさんのスイッチの入り方が半端なかったです。
そのような光景を見ていると私はテレビ向けではないと改めて感じました。
Image003.jpg
画像は武蔵野けん玉クラブに通っている子のランドセルに付けてあったものです。

昨年、1,2年生の子がクラブに5人入会してくれました。
その全員が学童でもけん玉を練習しているようで、上達が著しいです。
しかし、技術よりもけん玉が好きだという気持ちが強いのが
私にとって何よりも嬉しいです。
クリスマスにサンタさんへけん玉を頼んでいる子もいました。
とにかく純粋です。

「けん玉やってて役に立つの」と小学生の頃に言われたことがあります。
その時は何も答えられませんでした。
しかし、好きなことを続けることに理由は要らないと思います。
好きで十分過ぎるから。

「けん玉命」、私もクラブの子と同じくらい
いつまでもけん玉に対して純粋な気持ちでありたいです。
case1.jpg
年に1回ショー用のケースを変えています。
お金がかかるのでもちろん変えたくはないのですが、
しゃちほこなどで負荷のかかる使い方をしていますので、
すぐにガタが来てしまいます。

さて、新しいケースを前回のショーから使い始めました。
以前と変わったところは主に2つ。
1つ目は家紋をデザインとして入れました。
大分前から和的なケースが欲しかったのですが見つからないため、
家紋を入れることによって和的にしたつもりです。
case2.jpg
2つ目は仕切りを中に入れてもらいました。
私のショーで3個の玉を出すときなど、
よくケースの中をゴソゴソやっているのを見かけた方も
いらっしゃるでしょう。。
以前のケースには乱雑にけん玉を入れていたため、
狙ったけん玉を出すのが非常に大変でした(ケースの中で
けん玉の糸と糸が絡み合ってしまうこともあり大変でした)。

これで早くも5代目のケースですが、
今までの中で一番お気に入りで耐久度もありそうです。
ion2.jpg
イオン浦和美園SCでのショーでした。

14時、16時の回ともにショースタート前にお客さんの席は全て埋まり、
非常にやりやすい雰囲気でした。

14時の回、3つ玉もしかめのネタを使いました。
一時期は全く使わなかったネタですが、
ショッピングセンターなどの和やかな場所では
使うのもありかなと思います。
ion1.jpg
ショー終了後にはけん玉ワークショップを行いました。
スタッフさんもお手伝いをして下さったので、
スムーズに行うことができました。
誠にありがとうございました!
Mr.カズキさんに誘われてパフォーマー友達8人と芝居を観に、
表参道に行きました。

先月観た芝居に出ていた人たちも数人出演されており、
とても期待していました。
今回はオムニバスストーリーとのことで2時間の公演の間で
6作品演じていました。
入り込める作品とそうでない作品がありましたが、
最後の心温まるストーリーは秀逸でした。

その後、22時から飲み屋に入り終電1本前まで飲みました。
あらびき団でブレークしたのぞみくんの話に、
Mr.カズキさんと聞き入っていました(質問攻めでした)。
ちなみにMr.カズキさんはどんな方かといいますと・・・
こちらをご覧になってください。
http://jp.youtube.com/watch?v=PqKO0NbrUYI
数年前の新宿らしいのですが、リンゴを食べた瞬間の盛り上がり、
私の目指すところです。
プライベートでもショーでも完全に私のツボの方です。
olinas1.jpg
錦糸町のolinasでのショーでした。

ショースペースの目の前に大きな広告のオブジェが置いてあり、
お客さんが密集しにくい場所でした。
なぜここでイベントをするのだろうかと思いつつ、
入れて頂いた以上はどんな場所でもお客さんを一人でも多く集めようと
準備段階からイベント会社の方にイスの配置の仕方など細かくお願いしました。

いざショーを始めると、あっという間にお客さんは集まり
気持ちよくやらせて頂きました。
観にくい所からの立ち見の方も多かったかと思いますが、
それでも最後まで観て下さる方が多くとてもありがたかったです。
olinas3.jpg
今日はたくさんの方から声を掛けて頂いたり、
プレゼントまで色々頂いてしまいました。
観に来てくださった皆さん、たまたま観てくださった皆さん、
誠にありがとうございました!
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。